スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年経過


東日本大震災から3年が経ちました。

写真は、弊社東京営業所のある山口銀行東京支店入口に昨日掲揚してあった弔旗です。
日の丸がちらりと見えたときに、近所の他の建物ではやっているところはなく、何事かと思いましたが、黒い布があったことで、東日本大震災に向けてということだと理解しました。

というわけで、あれから3年経った今ですが、何もなくなった東北の地には、復興したと言える程建物が立ち並んでいるわけでもなく、胸を張って進んでいるとは言い難い状況ではないかと思います。

三陸海岸沿いは、過去も大きな津波を経験している地であり、今後も地震・津波があるとも言われています。
今回の津波も過去の経験が生かされているとは言い難く、将来起こるであろう災害に対して何が有効なのか、そして何ができるのかを考えていかねばならないと思います。

上記は別に災害に対してだけでなく、日ごろの業務での失敗等でも言い換えることは可能だと思いますので、常日頃考えていかねばならないとも思います。
スポンサーサイト

日本橋再開発


写真は、日本橋でビル建設工事をしている模様です。
一昨年、室町野村ビルなどの建っていく様子を当ブログでお伝えしてきましたが、まだあのビル2棟だけでは終わらなかったようです。

このサイトに詳細がありますが、中央通り沿いの再開発はどんどん進んでいるようです。

1-5地区のビルは古かったような記憶がありますが、2-3地区のビルはそんなに老朽化していなかったような気もするのですが、建て替えるようです。
人とお金が集まるからビルが建つ、ビルが建つから人やお金が集まる。
鶏と卵のような感じですが、どちらが先なのでしょうか。

富士山


大雪の降った一週間後に、車で山梨県まで行ってきました。
幸い道路に雪はなく、無事目的を果たすことができました。

写真は、道中で撮影した富士山です。
私のこれまで撮影してきた写真のなかでもベストショットと言ってもよいくらいの、いい写真だと自画自讃しています。

富士山を見ると、青年塾塾長の上甲先生が機会があれば言われていたこの言葉を思い出します。
「富士山に登る気のない人は、たとえ富士山の麓に家があり、目の前に富士山があったとしても一生登ることはない。」

志を高く持とう!ということの例えで出されている一説なのですが、私ではうまく文章にできないので、機会があれば、是非とも直接生の上甲先生に触れていただきたいと思います。

日本を1枚で


地下鉄の駅で写真のポスターを見つけました。

来年3月から交通系ICカードの相互利用が始まるようです。

ようやくというか、なぜ今までできなかったのか?という疑問の方が先に来てしまいますが、便利になって何よりです。
大半の人は自分の生活地域だけの利用なので、特に問題はないのだろうと思うのですが、電車で出張したときにSuicaしか持っていない私は、その場所では切符を買わざるを得ないという目に結構会ってきたのでうれしい限りです。

出張時に効果を試してみたいものです。

大雪


関東地方を大雪が襲いました。

ここまでの雪を東京で見たのは2回目くらいでしょうか。
そこまで寒くもなかったので、すぐに溶けるだろうと思っていましたが、溶ける量<降る量という感じで、どんどん積もっていき辺り一面銀世界となってしまいました。

積雪5cmほどだったらしいですが、飛行機は飛ばない、電車は止まる、道路は大渋滞と、きっと雪国の人は笑っているのだろうと思います。

雪とは、昨年の冬に北海道で嫌というほど雪を見て以来となりますが、なぜか雪が降るとテンションがあがるのは、雪に縁遠い地域に住んでいた者の性なのでしょうか。
リンク
最新の記事
カウンター
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:gijirokucenter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。